企業情報

ご挨拶

半世紀を超えるモノづくりの実績があります。それに安住しない、柔軟な技・体制・心意気があります。

09-04

日常化する、社員ひとりひとりの改善・生産革新活動。
製造の枠を超えた開発への取り組み。
絶えず見直され、先進化する設備・機器。
そして専門性を広げる一貫体制の整備。

私たち山崎工業株式会社は、長年にわたるモノづくりの経験・実績を活かしながら、そこに安住することなく常に変化を指向、実践してきました。また、電子機器製造、木製品製造、通信販売という3つの異なる事業で、「モノ」を起点に時代との接点を広げ、アンテナを研ぎ澄ましてきました。今、多品種少量生産の時代。それを効率よく、澱みなく供給するサプライチェーンマネジメントが求められる時代。その中で、QCD(クオリティ・コスト・デリバリー)を高次元で守るのは一層柔軟な”変動対応力”と、多様な視点。
私たちはそう信じて、常に先を見据え、時代の歩みと共に機敏に変わり続けます。
クライアントと社会に貢献する、誇りあるモノづくりを守ってまいります。
日本でのモノづくりを守るために、「変わり続ける」。それが私たちの心意気です。

代表取締役社長 田中 真人

企業方針

経営方針

全社員の能力を最大限に発揮し、顧客の満足する品質を最優先とする経営を目指す。もって収益性を高め活力ある発展と社会への還元をはかる。

品質方針

品質第一を基本とし、全員参加により顧客の満足する品質を確保する。

環境基本方針 ※2015年4月1日改訂

理念
「かけがえのない地球」この地球環境の保全が人類共通の重要テーマであることを認識し、企業活動のあらゆる面で私たちは環境に配慮して行動します。

PDF << 環境基本方針の詳細はPDFファイルでご覧になれます。

個人情報保護方針 ※2007年7月10日制定

当社は事業活動を通じて取得したお客様や従業員及びその他関係者の個人情報について、個人の大切な財産であることから、適切に保護し正確に取り扱う事が社会的責務と考え、以下の個人情報保護方針を定め、この方針に従い適切な個人情報の保護に努めます。

PDF << 個人情報保護方針の詳細はPDFファイルでご覧になれます。

化学物質管理方針 ※2007年4月1日制定

当社は、製品に含有する化学物質が人の健康及び環境に与える影響を考え、事業活動において関連するRoHS指令をはじめとする世界的な規制や顧客の要求事項を遵守し、製品に含有する有害化学物質の排除を目的に、以下の化学物質管理方針を定め活動致します。

PDF << 化学物質管理方針の詳細はPDFファイルでご覧になれます。